« 手まりのタペストリー | トップページ | 乙女島田 »

2019年3月25日 (月)

縮緬の姉様「島田くずし」

去年の暮、京都寺町の古裂屋で見つけた面白い柄を
活かしたくて、「島田くずし」を作りました。
通常、頭を作って着物を作るのですが今回は逆です。
歌舞伎では「夏祭り浪花鏡」のお梶、「菅原伝授手習鑑」の
千代など年配の女房役や商家のお内儀役が結います。
Simg_0701_1
Simg_0702_1
Simg_0703_1

« 手まりのタペストリー | トップページ | 乙女島田 »

お細工物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 手まりのタペストリー | トップページ | 乙女島田 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ