« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »

2019年3月

2019年3月25日 (月)

縮緬の姉様「島田くずし」

去年の暮、京都寺町の古裂屋で見つけた面白い柄を
活かしたくて、「島田くずし」を作りました。
通常、頭を作って着物を作るのですが今回は逆です。
歌舞伎では「夏祭り浪花鏡」のお梶、「菅原伝授手習鑑」の
千代など年配の女房役や商家のお内儀役が結います。
Simg_0701_1
Simg_0702_1
Simg_0703_1

2019年3月15日 (金)

手まりのタペストリー

昭和の初めの黒じゅすの帯。糸のほつれもなく

いい出来の刺繍の御太鼓の部分をタペストリーに

仕立てました。あしらいの小さな手まりも相当の

古色を帯びています。子供らとうららかな春の一日を

暮らした良寛さんを思い浮かべます。

「霞たつ 長き春日に 子供らと

 手まりつきつつ この日暮らしつ」

Simg_0700

2019年3月 4日 (月)

縮緬の姉様「道成寺」

今年は桜の開花が早そうですね。

桜尽くしの道成寺です。定番の帯は丸紋尽くしですが

丁度いい裂がありません。自分でステンシルの桜を黒じゅすに

刷り込みました。

玉三郎と菊之助の二人道成寺を松竹座で見たのは何時だったかと思い

番付を探してみると10年以上たっていたのにびっくり。

Simg_0694


Simg_0695


Simg_0696

« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ