« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »

2018年12月

2018年12月30日 (日)

「提げ重」と「遊山箱」

明日は大晦日。

今年の暮は喪中なのでお節も作らず静かに暮れていきます。

この前伊丹の工芸センターで若い作家の「提げ重」に出合い

一目でほしくなり我が家へ。小林純生という方で箱根細工の

仕事をなさっています。だいぶ前に買った徳島の「遊山箱」も

出してきて大人のままごとを楽しみました。

「提げ重」には、ありあわせのお惣菜。生ハムにアボカド、金時豆、

ポテサラ、甘露梅、甘藷と林檎のワイン煮など。

「遊山箱」には、抹茶カステラ、スズメの卵、チョコなど。

そして昼酒を少し。奈良の「大倉」です。

Simg_0660


Simg_0658


Simg_0662


Simg_0663

2018年12月19日 (水)

目出鯛

縮緬と絞りで目出鯛を作りました。

昔、鶴橋の芳精堂で誂えた州浜の台に乗せ

笹の葉をあしらいました。

歌舞伎の「対面」で曾我の五郎と十郎が嶋台を

掲げて見得を切る場面を思い出しますね。

Simg_0648

2018年12月 4日 (火)

クリスマスのミニ舞台

私の子供時代、お釈迦様の誕生日の花まつりの記憶はありますが、

クリスマスの記憶はありません。それでも今月の設えはクリスマス。

西山さんの木の枝のサンタクロース、竹本さん、釜谷さんの可愛いサンタ。

そして自作の若草物語や小物を一杯ならべました。

Simg_0646

« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ