« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

2017年4月

フレッシュコンサート

今年大学の音楽専攻を卒業された9名の

フレッシュコンサート。それも全員パーカッション。

知人のお孫さんが出演されるのでお付き合いにと

大フィル会館に出かけたのですが、思いがけず素晴らしい

初体験をしました。知っているのは「虹の彼方」に

くらいでしたが、小ホールできく初めて見る打楽器の

迫力に圧倒されて快く疲労した午後のひと時になりました。

皆さんの今後の活躍を心からお祈りします。

アップダウンドール

アップダウンドールを初めて知ったのは20年ほど前だったか

家庭画報で平井澄子さんの作品でした。スカートをひっくり返すと

別の人形が現れるというもの。

貧しいシンデレラと舞踏会へ行くシンデレラ。

もう一体は赤ずきんちゃんとおばあさん。

レースを除いて和布を使っているのがミソです。

友人がイタリアの青の洞窟の土産物屋で売り子が

日本人と見るや「テヅクリ、テヅクリ」と勧められ

アップダウンドールをかったそうです。

また北欧雑貨のフライングタイガーに白人と黒人の

アップダウンドールがあるそうです。なんと150えんだった

そうで、今度心斎橋へ行ったら見てみようと思っています。

Simg_0471_1


Simg_0472_1

檜兜を作りました。

10数年前にも作った「檜兜」再度挑戦。

本歌は京有職木具師の格調高い逸品です。

孝明天皇十歳お祝いのため近衛家から承ったものが

今に伝わり復元された作品がネットで見ると

410万円というお値段でびっくりしました。

私の「檜兜」は縮緬や金襴でどこまで迫れるか

試みました。

Simg_0470

端午の節句しつらえ②

この春、縁あって工房へ来た市松さん。

縮緬の着物の上前に兜の押絵。骨董の帽子を

思い出してかぶせてみるとピッタリ。

玄関のドアを開けると黒目勝ちのつぶらな瞳で

迎えてくれます。相当の年月を重ねてきたと

思いますが、一度調べてみよう。

Simg_0464

端午の節句のしつらえ。

2日がかりでお雛さんを片付けて端午の節句の

しつらえに。狭い部屋ですが飾りたいものが

一杯あるのでとにかく大変。ディスプレイのポイントが

3か所あるので。

ほとんど自己満足の世界ですが。

Simg_0463

« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ