« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月

手作り「有職風雛」

雛の新作は毎年の習い。衣装などちょっと凝って

手間ひまを十分かけました。檜扇の五色の糸の

蜷結び(になむすび)。穴糸で結ぶのですが

四苦八苦。だんだん目がもうろうになっていくのに

挑戦しています。

Simg_0455_1

和布のカルトナージュ「貝桶」

去年作りかけた貝桶。雛祭りも近いので頑張って

仕上げました。飾り紐が見どころの一つですが

田中年子先生にいただいたマニュアルにそって

結びました。そらで結べるようになるにはあと一息です。

紐結びの奥深さを改めて感じています。

Simg_0454

右が男蜻蛉、左は女蜻蛉。微妙に違います。

若手歌舞伎

今年初めての歌舞伎は松竹座の若手歌舞伎へ。

尾上松也と中村壱太郎の義経千本桜。ご存知

渡海屋・大物浦。やっぱり若い役者はきれいやな

というのが正直なところ。

工房ではBGMでNHKのFMをかけ流しているが

毎日11時台に邦楽番組があり、金曜日の

邦楽ジョッキーではDJは代々若手歌舞伎俳優が

つとめている。今は中村隼人だが前には松也も壱太郎も

登場した。それぞれ持ち味が出てなかなか面白い。

閑話休題。壱太郎で思い出したこと。

壱太郎の祖父坂田藤十郎が昭和27年に2代目扇雀を

襲名した時、その名を冠した「扇雀飴」が売り出され

ヒット商品となった。その後売り出した会社も高津製菓から

扇雀飴本舗に改称した。

父の従兄弟の子供つまり私のはとこが当時扇雀飴に

勤めていたので、義理堅く歳暮や中元にいつも

扇雀飴を送っていた。そして母がいつも「そんなん誰が

喜びますねん」とくさすのが習いだった。

その声を聴き流しながら黙々包装を続けていた父が

子供心にちょっと可哀そうだった。

Photo

日本伝統工芸展

難波の高島屋へ。「日本伝統工芸展」の初日です。

色々の部門がありゆっくり全部を鑑賞すると

疲れる上に印象も薄まるのでこの頃は人形部門を

3回ほど巡って会場から離れます。

今年は久しぶりに好きな作品があり見ごたえ十分でした。

秋山信子先生は勿論、春木均夫さん、満丸正人さんを

ずっと注目しています。ギャラリーの別会場で春木さんに

思いがけなくお会いして布談義を少々。

人生にタラレバは禁物と心得ていますが、もしアートとしての

人形を追求していたら…と女々しく思うのもいつものことです。

研究紀要「日本古来の千代紙と姉様人形」

ネットでさる大学の研究紀要に「日本古来の千代紙と姉様人形」と

あるのを見つけ、早速問い合わせをすると地元の公立図書館で

コピーの請求をすると送りますとの返事。

即中之島図書館で手続きすると5日ほどで届いた。

そこまではいいのだが開けてびっくり。A4一枚程度の量で

内容も事典の引き延ばしといったところ。

おかげで2回も図書館へ出向き、受験勉強でほぼ毎日通った頃と

大きく変身しているのにびっくりした。

アルマイトのお盆にプラスティックのお椀の素うどんの

イメージから、今や西園誠一郎パティシエのスイーツセットが

楽しめるのです。

布さんの手まり

久しぶりにぶらぶら散歩に。目当ては新聞の催し紹介欄で

見つけた「布さんの手まり」  立春にふさわしい穏やかな

日和の中を苦楽園のぎゃらりー6Cへ。駅前のマンションの3階で

出会ったまりは、技法はかがりの手まりですが、質感、配色が

とても新鮮でした。連れがいなかったら折から開催されていた

ワークショップに飛び入りしてたでしょう。

ランチは都合のいいことに近くに馴染みのビストロが。

ビストロ・ド・ペリゴールという店ですが、まだビストロという言葉が

「何かいな」という頃にオープンした老舗です。

オーナーシェフは弟の中学の同級生でべーやんこと

堀内孝雄さんも同じです。=私の後輩ですね。

昨今阿倍野の再開発の失敗が話題になってますが、私たちの

校区なので懐かしい思い出話に盛り上がりました。

Photo

雛のしつらえ

羽子板をしまうついでに一気に雛のしつらえに。

自作のはまぐりのおひな様、押絵の犬筥、ミニチュアの骨董、

郷土玩具。いろいろ取り混ぜて。まだ出番を待っているおひな様

そのうち入れ替えしましょう。

Simg_0451


Simg_0452

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ