2020年5月24日 (日)

「細雪」にちなんで

6月の個展に新作の姉様をご覧いただきたいと思い、昭和初めの花嫁を作りました。

妙子が北浜の三越劇場で地歌「雪」を舞います。その時の衣装は幸子の三枚重ねの

花嫁衣裳の白地を着用します。この姉様の衣装は刺繍の半襟を使っています。

大きな雪輪にぼってりした刺繍の梅。帯は松に鶴の骨董ものを三枚扇風にむすんでいます。

Img_0908 Img_0911 Img_0912 Img_0913

2020年5月23日 (土)

谷崎潤一郎記念館で

コロナの影響で開催が危ぶまれた6月の個展が予定通り開催との連絡を頂きました。

https://www.tanizakikan.com/lobbygallery.htmlでご紹介頂いております。

一方家人の容体はまだ安定せず、そのうえ面会もままならず、気合を入れて準備態勢に

という気分にならず複雑な心境です。

2020年5月 9日 (土)

大毬その2

紋尽くしの大毬です。北極に桜、南極に橘。赤道をはさんで松竹梅。

北半球は冬から春、南半球には夏から秋のモチーフを12の5角形に配しました。

時間はたっぷり。裂選びもじっくり、帯の千鳥かがりもキッチリ印付けして

やっと出来ました。土台のスチロールは半球を合わせているので中に鈴を

仕込んでいます。

Img_0902

Img_0903 

Img_0904

Img_0905

 

 

2020年4月27日 (月)

コロナ憎し

4月の初めにうめだ阪急で、頑張って自費出版した「うつくしい なつかしい 姉様」の披露と

新作の小展示の予定がコロナのためにあえなく中止。

そして今家内が入院中で面会にも行けず声も聞けずで焦燥の日が続いています。やっと転院して

手術を受ける手配が出来たと連絡があり少しでも前に進んだようで、今日はチョット手間をかけて

知人からお気遣い下さりお送りいただいた食材で夕食を作る気になりました。

Img_0832

新作の「お染の七役」です。一人の役者がお染久松をはじめ七人を早変わりで演じます。

中村壱太郎のスチール写真を参考にしました。

 

2020年4月12日 (日)

端午の節句

  何時もは雛の節句から端午の節句へもっと早く入れ替えるのですが、

今年は訪れる方もほとんどなく精の無いままやっと雛を片付けました。

端午の節句も新作を期待されることもなく、今までの作品をあれこれ並べました。

Img_0898

Img_0895

 

Img_0897

Img_0896

「花不語」の書は水上勉さんの揮毫です。

ケースの中の五月人形は義兄の初節句のもの。

贈り主ののし紙が箱の底にあり三越のマークが

付いていました。昭和17年です。

2020年3月30日 (月)

バースデーイヴ

思いがけず生徒さんとお嬢さんが一日早く誕生祝にお越しくださいました。

バースデイケーキ、ご実家の会津若松の福良雀の土人形。お心づくしのプレゼントがいっぱい!

福良雀の背には何と干支の辰が福を招いているのです。

そして80回目の誕生日にして生まれて初めてケーキのろうそくを吹き消しました。

それからが又お楽しみ。

お嬢さんのお名前にはキラキラネームばやりの昨今には珍しい琴の字がはいっています。

そこで何年も立てかけたままになっているお琴のほこりを払い琴柱を立てて少々手ほどき。

絶対音感に自信もないのに調弦したので初めての出会いに申し訳ないと思いながら

「さくらさくら」を楽しみました。

Img_0857 Img_0848 Img_0881

2020年3月28日 (土)

素踊り「綱館」

TVで日本舞踊があると大体見るが、かつらや衣装の参考ににしたいからなので

素踊りはパスすることが多い。珍しく今日は幸四郎と若柳吉蔵の素踊り「綱館」を

じっくり。そしてゆくりなく思い出したことを。

先ずは子供の頃、浪速区にいたので玩具は新世界の「つなや」という店で買ってもらった。

大きな看板に笑った顔,泣いた顔、怒った顔が描かれていた。顔、顔、顔つまり買お、買お、

買おということやと教えてもらった。そしてなぜ「つなや」かというと店の人の名が

渡辺さんやから渡辺の綱からきてると教えてもらった。

もう一つはまだ50代の現役の頃、東京赤坂のサントリーホールの地下のラウンジで

自作の姉様を展示して鑑賞して頂き、長唄の演奏を聴きながら料理と銘酒を味わうという趣向の

お遊びに招かれたことがあった。長唄は田島佳子さんという東音会の名手で「綱館」を演奏された。

お酒は色々出たが「磯自慢」という海苔の佃煮の名の初めて聞く名が珍しくて今でも覚えている。

田島さんも亡くなられて久しいがCDを探すと出てきたので、久々に聴いてみよう。

Img_0837

Img_0838

Img_0839

 

2020年3月16日 (月)

姉様のワークショップ

まもなく出来上がる(満80の誕生日に)本の

出版のお披露目に合わせて、大阪梅田阪急の

10階セッセでワークショップをすることになりました。

4月3日の一日ですが、結構準備が大変です。

見本は黄八丈に麻の葉の帯、定番です。

Img_0830 Img_0831 Img_0831

2020年3月 3日 (火)

ひな祭り

今年は、年々盛んになった各地の雛巡りも散々ですね。

我が家も狭い家じゅうおひな様を飾ったのですが

訪れるお客様もなく独り自己満足のひな祭り。

新作は、御所人形風の押絵雛。スタンドは押絵雛の本家

信州松本のベラミ人形店から送っていただきました。Img_0823

2020年2月20日 (木)

我が家のひな祭り

去年は船場のおひな祭りに出張していた我が家のおひなさま。

今年はひっそりと狭い我が家の至るところに飾りました。

どなたかお招きして楽しくお菓子でも楽しみたいなと思っています。

どうぞお越しください。

Img_0820

Img_0817

Img_0818

Img_0819

 

«おひなさんの起き上がり。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ